身体のケア・コンディショニング・ケガ予防

富山県富山市の整体・カイロプラクティックなら石川カイロプラクティック

電話:090-8029-7174

営業時間:10時から19時30分まで。水曜、祝祭日はお休みです。

月曜・水曜の最終受付は16:00です。
※第3土曜から月曜は東京にて臨床のため休診です。

交通アクセス

〒930-0887
富山県富山市五福3518-4サクセス5 3階

女性特有のお悩みには経験豊富な女性カイロプラクターが対応いたいします。

カイロプラクティックは世界80ヶ国以上に広まり米国や欧州など34の国と地域で法制化され、国連のWHO(世界保健機関)では鍼灸と並び認められている国際的ヘルスケアです。この広まりはスポーツの世界にも多大なる影響を与え、数々のアスリートの力になっています。スポーツ障害の治療はもちろんのこと、障害予防・コンディショニング・再発防止に至る全ての局面で最先端のカイロプラクティックがその効果を認められています。

主なスポーツ障害へのカイロプラクティックケア

足関節捻挫(足首の捻挫/損傷、靭帯断裂、関節包障害)

捻挫による靭帯・腱・関節包の炎症と損傷の程度によって、絶対安静が必要な時期でなければ、もしくは軽度の炎症である場合は早期のカイロプラクティックケアが有効です。捻挫の際に生じたもしくは接近し合っている関節面に正常なスペースを確保させることで関節運動がスムーズになり、早期の運動再開が可能になり、再発防止を行うことができます。さらに外傷後に癒着や緊張を起こしている筋膜と筋線維の動きを正常化します。

足底筋膜炎

足裏に出現する痛みの状態です。多くは起床時の第一歩が痛いという特徴があり、酷いと足を真面に着くことができない程になります。多くの場合、足底筋群に炎症が生じていることは少なく、足底の腱の過度な伸長によって痛みが誘発されています。足裏の筋肉は踵(かかと)を経由してそのままふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)に移行し繋がっています。さらにふくらはぎの筋肉は膝の後側、太ももの後ろ側、殿部、腰、背筋へと連鎖して繋がっています。このライン上での張力バランスを修正し、足底筋にかかる負担を軽減させることが大切です。さらに足首・足の甲に存在するいくつかの関節の位置関係を直接修正する必要があることも少なくありません。慢性化すると、踵骨棘やアキレス腱炎に移行する可能性があり、年齢を重ねるごとに組織の線維化が進行して治りにくくなる為、速やかに根治させる必要があります。

膝半月板障害

競技中のアクシデントや不慮の事故などで半月板を重度に損傷した場合には早急に手術となるケースも少なくないものですが、安静を基本にリハビリをしている場合は、半月板自体に血液を供給している栄養血管を刺激し、治癒に必要な血流を促進するために関節内部への深部刺激を実施していくことで、早期改善・再発防止をおこなうことができます。合わせて関節内部での半月板の滑りを円滑にし周辺筋肉の調整を行っていきます。さらに左右の膝にかかる内側・外側の重心バランスを整えることで半月板への大元の負担を軽減させます。

膝側副靭帯炎

膝の内側側副靭帯・外側側副靭帯からの痛みや炎症の場合、痛みのない側も含めた左右の膝の内側・外側の重心バランスと、足首・股関節の左右への回転力の違いを調節する必要があります。多くの場合、足の縦アーチと横アーチ、さらに骨盤部の仙腸関節に可動性の左右差が生じている場合が多いようです。このポイントを修正しながら、膝関節のリハビリテーションを行うことで早期改善・再発予防を実現させます。

腸脛靭帯炎

大腿(太もも)の外側にある腸脛靭帯に炎症が生じている場合、多くの原因は股関節と膝関節にかかる多大な負担から腸脛靭帯にダメージが起きていることが多く、長距離ランナーや低姿勢を維持するスポーツに起こりやすいとされています。大腿部における前後・内側外側の筋力バランスを修正する為、股関節と膝関節を中心とした運動軸の修正を行っていきます。慢性炎症により腸脛靭帯と周辺の筋膜に癒着がある場合はその改善を行います。
さらに、腰骨(腰椎)と骨盤の正常なアライメントと体重分散のバランスが崩れている場合は積極的に改善していきます。また足首の内側アーチと外側アーチの加重のかかり具合を見極め、大腿外側に重心がかかり過ぎないように修正することも大切なポイントとなります。

肘内側上顆炎/外側上顆炎

前腕の筋肉(肘から手首の筋肉)の過使用によるものが殆どの原因となり、テニスやゴルフ、卓球やラクロスなどのスポーツで多く発生するものです。炎症が強い場合は第一に安静を心掛け、手の指先から肘・肩・首までのフィクセーション(Fixation:骨の変位)を修正することで、関節深部の圧迫と捻じれを取り除きます。それに加え、肘と前腕の動きに連動する脊柱と肋骨のアライメントの崩れを修正することで体幹と上肢の連動性を回復させます。さらに慢性炎症により上顆付着部の筋膜に癒着がある場合はその改善を行います。

中でも再発を繰り返しているケースでは、徐々に関節の強度・支持性というものを失っていき、パフォーマンスを十分に発揮することが困難になる可能性がある為、テーピングやサポーターでその場しのぎを続けることが絶対に避けなければなりません。 固定とアイシングで経過観察をするだけでは十分なケアとは言えず、改善できる問題を自ら放置していることになり兼ねません。高いパフォーマンスの維持と向上に、今や世界中のアスリートが最先端のカイロプラクティックを活用しています。

ご予約はお電話またはオンライン予約で:電話090-8029-7174

オンライン予約はこちら:石川カイロプラクティック